究極のメンズファッションは言葉から生まれる

インナーの定番といえばTシャツでは無いでしょうか?

最近では流行やよりオシャレ感を増大させるためにカットソーと呼び方を変えたりしています。
無地のカットソーなどと呼べばTシャツと言われるよりよほど自分がオシャレになったような気がします。

言葉による人間への感覚への影響は計り知れない限りです。
おなじようなアイテムでも名称によってまるっきり印象が変わってしまうことがあります。

例えば、これは流行最先端のジレですよと紹介されれば、かっこいいから着てみようと
思うこともありますが、それがこれはチョッキですと言われたらなんだか使い古された
感じで流行の最先端である印象が薄れてしまいます。

このようにオシャレ度というのは視覚でけからでなく、言葉の印象も非情に影響を受けているのです。
そのため巷のファッション雑誌は次から次へと新たなファッション用語を生み出しています。
そして今後もそのような傾向は収まることがありません。

なぜならそのようにしないと我々は新しいファッションを着ているように感じられなくなっているからです。
古い服を時代によって着まわしていると感じると、一気に魅力が薄れてしまうものです。
しかしあたらしく新進気鋭のデザイナーたちが作ったアイテムを身にまとって、
表参道なり青山、代官山のオシャレストリートを歩いていればなんだか自分が
誇らしくなったようなきがするのではないでしょうか?

それこそ流行を仕掛けるがわ言葉を生み出す側の意図していることであって、
我々一般消費者たちはある意味、彼ら彼女らの手のひらで踊らされていることは否定出来ないのです。

 天然むすめへの入会は安全?@体験談口コミ評価