服の呼び方

服の呼び方は色々あります。ちょっと昔の呼び方をしようものならダサいと馬鹿にする

エセファッションかぶれも居たりします。例えばチョッッキをベスト、そしてジレなどと
気取って呼んだりします。またオーバーオールはサロペット、そしてTシャツはカットソー
などなど挙げればきりがありません。それからジーパンは、ジーンズ、デニムパンツなどですね。

なぜ服の呼び方が一々変わってしまうのでしょうか?
やっぱりファッション業界が仕掛けていることなので何か意味があるのでしょうね。
流行の最先端を走っている意識を雑誌の購読者などに与えたいのでしょうかね。

まあそんなところだと思いますよ。どうでもいいですけど。
そしてこれからはまた新しい呼び方が出てくると思いますが、やはり言葉にも限界があります。
例えば、チョッキなんて、ベストは英語、ジレはフランス語ですが、イタリア語やドイツ語など
使ってしまうと段々使える言葉も減ってきてしまいます。

そうすると新しい言葉ももうなくなるので、次の名称はまたチョッキに戻るのではないでしょうか?
一旬するということです。
ファッションの流行も一旬するのでアイテムの呼び方も一巡するのでしょうね。
そしてその時はベストの事をチョッキと呼ぶのが一番オシャレで流行の最先端を走っていることに
なると思いますよ。

きれいめ メンズ