ネットサーフィンがやめられない

私の趣味はネットサーフィンです。
比較的早い時期からインターネットを始めた私ですが、最初にインターネットをした時には本当にびっくりしました。
だって、今までは図書館とかに行って専門書を調べたり、本屋さんに行って本を買わなければ知ら寝られなかったことが、今はネットで何でも調べることができるからです。
ネットのスピードもどんどん速くなって、ほんとうに使いやすくなりました。
昔は、パソコンでネットサーフィンをしていましたが、今はタブレットでサクサクネットサーフィンです。
一日中、暇があればネットをしています。
しかもほとんどは検索をしたり、グーグルアースなどを見ています。
例えば、テレビを見ていて気になった言葉や話題になった人、報道などがあれば、すぐに検索します。
さらに、話題になっている場所なども直ぐに調べます。
そして最近は話題になっている動画なども直ぐに調べます。
昔から、色々な情報を知ることが楽しくてしょうがないと思っていましたが、今は本当にネットサーフィンをすることで、健康美容から旅行や食事まで、何でも知ることができることがうれしいです。
また、ネットサーフィンをすることで話題豊富な人になり、色々な人と会話が弾むようになることも魅力です。
ネットがないと生きていけないと思う程、ネットサーフィンに依存している毎日です。
ピーピングアイズ

個人再生で遊びの借金を減額できました。

こんにちは。僕はチャラい遊び人で夜の六本木や歌舞伎町などでいつも仕事帰り豪遊していました。

キャバクラ、クラブなどの飲みのお金をガンガン使い、後輩にも気前よく奢っていました。
お金の使い方はいろいろありますが、僕は奢ることが大好きです。

人に奢っていれば困ったときに助けてくれると偉い人から聞いたことがあるからです。
しかし、人生はそんなに甘いものではありませんでした。

そんなお金遣いがたたって借金がどんどん膨らんでいきました。毎月足りない10万円ほど
借りていたらなんと、借金が600万円もの大金に膨れ上がってしまったのです。
我ながらすごい金額だと思いました。これを返すのは至難の技だと思います。

ヘタすると利息を払うだけの人生になってしまいかねません。
さすがにそれは嫌なので、債務整理をすることになりました。
その間は奢っていた後輩たちも潮が引くように寄り付かなくなりました。
あれだけ奢ってやったのに金の切れ目が縁の切れ目ですね。
誰も助けてくれないし人間不信になりそうです。

そして、その後どうしたのかというと弁護士に個人再生の手続をしてもらいました。
遊びの借金でも個人再生というのは出来るらしくひとまず安心しました。
でもチャラになったわけではなく、120万円を利息抜きで返済する義務は残っています。

民事再生で借金返済の負担を軽減!@無料相談がオススメ

究極のメンズファッションは言葉から生まれる

インナーの定番といえばTシャツでは無いでしょうか?

最近では流行やよりオシャレ感を増大させるためにカットソーと呼び方を変えたりしています。
無地のカットソーなどと呼べばTシャツと言われるよりよほど自分がオシャレになったような気がします。

言葉による人間への感覚への影響は計り知れない限りです。
おなじようなアイテムでも名称によってまるっきり印象が変わってしまうことがあります。

例えば、これは流行最先端のジレですよと紹介されれば、かっこいいから着てみようと
思うこともありますが、それがこれはチョッキですと言われたらなんだか使い古された
感じで流行の最先端である印象が薄れてしまいます。

このようにオシャレ度というのは視覚でけからでなく、言葉の印象も非情に影響を受けているのです。
そのため巷のファッション雑誌は次から次へと新たなファッション用語を生み出しています。
そして今後もそのような傾向は収まることがありません。

なぜならそのようにしないと我々は新しいファッションを着ているように感じられなくなっているからです。
古い服を時代によって着まわしていると感じると、一気に魅力が薄れてしまうものです。
しかしあたらしく新進気鋭のデザイナーたちが作ったアイテムを身にまとって、
表参道なり青山、代官山のオシャレストリートを歩いていればなんだか自分が
誇らしくなったようなきがするのではないでしょうか?

それこそ流行を仕掛けるがわ言葉を生み出す側の意図していることであって、
我々一般消費者たちはある意味、彼ら彼女らの手のひらで踊らされていることは否定出来ないのです。

 天然むすめへの入会は安全?@体験談口コミ評価

多重債務の恐ろしさ

多重債務というのは非常に恐ろしいのは借金漫画なんかを見ているとわかるでしょうが、

そいういった感覚の麻痺した人にはなかなか分かりません。

例えば、金利が18%と言われても、どのくらいのペースで債務が増えていくのか具体的に
イメージするのは難しいですね。ここで100万円借金してしまうと放っておいた場合どのくらいの
ペースで増えていくのかちょっと考えてみましょう。

例えば、今月100万円借りたとしましょう。金利が18%なので、年間18万円余計に返さなければ
なりません。つまり1年で18万円の借金増えてしまうのです。

1年で18万円ということは1ヶ月1万5千円となります。
これはかなり高額の金額なのです。
そして恐ろしいのが毎月1万5千円しっかり返済しても元金は一円も減らないというところです。
一般って気に100万円以上の借金は月々10万円以上返済しないと借りない方がいいでしょう。

これが3倍になるともう利息だけで毎月の返済が4万5千円になってしまいます。
そう考えると絶望的ですね。毎月10万円返済しても何年もかかってしまう計算です。

それで返せないからといって他の消費者金融に手をだすとさらに感覚も麻痺して
わけがわからない状態に陥ってしまいます。
これが多重債務の恐ろしさであります。

債務整理 福岡

ジョンローレンスサリバン

ジョンローレンスサリバンというブランドがありますが、元々は白井具志堅スポーツジムに所属していた

元日本ランカーの柳川嵐士が立ち上げたブランドということになります。
当時同じジムで私は練習していたので、まさかあの柳川がアパレルブランドを立ち上げるとは
思いもしませんでした。現役とうじはアマチュア出身で注目されていましたが、
パンチ力が無く非力なボクサータイプでした。試合はあまり面白くありませんでしたし、
正直ぱっとした印象はありませんでした。

しかし引退後なぜだかデザイナーとして成功しているようです。
白井具志堅スポーツジムの狭い更衣室で着替えていた事を考えると大きな出世ですね。
ブランド名のジョンローレンスサリバンとは元々ボクサーの初代ヘビー級チャンピオンから
取っているそうです。
そう考えると柳川本人のボクシング愛を感じられますね。

まああの服を着ている連中は何のことだかさっぱり分からずなんとなくオシャレな名前だなー
程度にしか思っていないと思いますが、そんなことはどうでもいいのです。

ちょっと彼が成功して嫉妬している部分もありますね。
同じ食えないボクサーとしてやってきて方や売れっ子ファッションデザイナー方や無職ダメ人間。
この差はいつついたのでしょうね。

モテるマネキン買いメンズ通販

服の呼び方

服の呼び方は色々あります。ちょっと昔の呼び方をしようものならダサいと馬鹿にする

エセファッションかぶれも居たりします。例えばチョッッキをベスト、そしてジレなどと
気取って呼んだりします。またオーバーオールはサロペット、そしてTシャツはカットソー
などなど挙げればきりがありません。それからジーパンは、ジーンズ、デニムパンツなどですね。

なぜ服の呼び方が一々変わってしまうのでしょうか?
やっぱりファッション業界が仕掛けていることなので何か意味があるのでしょうね。
流行の最先端を走っている意識を雑誌の購読者などに与えたいのでしょうかね。

まあそんなところだと思いますよ。どうでもいいですけど。
そしてこれからはまた新しい呼び方が出てくると思いますが、やはり言葉にも限界があります。
例えば、チョッキなんて、ベストは英語、ジレはフランス語ですが、イタリア語やドイツ語など
使ってしまうと段々使える言葉も減ってきてしまいます。

そうすると新しい言葉ももうなくなるので、次の名称はまたチョッキに戻るのではないでしょうか?
一旬するということです。
ファッションの流行も一旬するのでアイテムの呼び方も一巡するのでしょうね。
そしてその時はベストの事をチョッキと呼ぶのが一番オシャレで流行の最先端を走っていることに
なると思いますよ。

きれいめ メンズ

鬼のいぬ間のファッションショー

私の上司は鬼のように怖いです。会社では服装にまで口を出してきます。

折角おしゃれして出勤してもほぼ、全否定されるので中々思い切ったファッションを着こなすことが出来ません。
どうしても期待服があったとしても鬼上司の目を盗んで着なければいけないため、
ものすごくストレスを感じています。

ある日、鬼上司が地方の営業所に出張に行くことになりました。この時はチャンスだと思い、
私の研ぎ澄まされたファッションセンスを存分に会社で披露できると思いウキウキしました。
これはまるで鬼のいぬ間のファッションショーのような気分です。

その時のコーディネートはロングパンツに、タイトなTシャツ、緑のハンチング帽と、
レイバンのサングラス、そして、アウターにはライダースジャケットでクールに大人っぽく
決めてみました。

気分はウキウキです。しかし上司の出張は急遽中止になっていてなんと、出勤したらいたではないですか。
当然ながら呼び出されて1時間もお説教をされました。
久しぶりに泣きそうになるほど怒られましたので、しばらくファッションに関しては
あまり考えたくありません。

この上司のファッションセンスはダサいことこの上ないです。
仕事を頑張っていつか立場逆転して私が説教してやろうと思っています。

 

 

100万円コーディネート

1万円コーディネートが不況である現在は注目されたりしていますが、

この不況だからこそお金持ちはじゃぶじゃぶ金を使わなければいけません。
財布の紐を固くしてしまうことで経済が活性化しなくなってしまい、どんどん不況の並に飲まれてきます。
それを防ぐため今回は100万円コーディネートについて言及していきたいと思います。

100万円コーデをしっかり決めるためには収入を稼がなければいけませんが、そのことについては
今回は割愛させていただきます(笑)

まず前進ドルガバにしてみます。カラーは黒がオーソドックスでいいと思います。
そしてベルトはディースクエアードです。時計はフランクミュラーの偽物がいいです。
これは本物にしてしまうと予算オーバーになるので偽物でごまかしましょう。

それから帽子はカシミヤのニット某です。そしてアウターにモンクレールのダウンジャケットを
羽織ってみましょう。そうすることによってしっかり自分が周りと違うんだよと主張することが
出来ます。逆に言うとモンクレールを着ないと何も主張できませんので気をつけましょう。

これが生きた100万円の使い方です。服だけじゃなく中身のあたなもイケメンになることでしょう。
服さえ格好良ければ誰でもイケメンになれるのがドルガバのいいところですね。

 

可愛くなる努力。

世の中には可愛いと言われている人が山ほどいます。

テレビや雑誌にはモデルやタレントなんかが沢山いて無名の娘も美人だったりしますね。

でも一方不細工な女の子も沢山います。これは美人以上ゴロゴロいて、
中には惜しいのに自分磨きを放棄しちゃっている人もいます。
自分が可愛いなんて言えないかもしれないければやっぱり自信を少しでもモテるくらいに
努力して行きたいものです。

ギャル服を買うのもその一貫だったりします。ギャルの場合派手なメイクで、
目が細くても可愛く変身できたりするのでメイクを落としてすっぴんになってみると
詐欺だなんて言われるかもしれませんね。

でも努力って本当に大切です。詐欺でもなんでも良いので見た目が可愛ければ
人生は変わります。逆に自分の素材はこんなものだからと諦めて放置していると
どんどん暗くなっていきます。

中には美容整形という手段を使って美を追求している人もいます。
もちろんリスクは大きいですね。韓国の扇風機おばさんみたいに美容整形をしすぎて、
とんでもない状態になってしまうこともあります。失敗をするリスクも考えられるでしょう。
顔自体が別人になってしまうのでたとえキレイになっても
親兄弟や親戚の反応が心配な人も少なくなでしょう。

しかしそのデメリットを補って余りあるメリットがあるので美を追求したくなるんですね。
ここまで徹底してやる必要はないかもしれませんが、まずは自分でできること。
つまり体重の管理やスキンケア、髪型、メイク、それからファッションに気を使うことです。

 旦那に内緒債務整理

借金がかさんできた。

ギャル服をカードで買いすぎて借金がかさんで来ました。

管理人は実はアルバイトしかしていません。
そのアルバイトも最近やめてしまったので現在の収入は実質ゼロです。

しかも実家を出て一人暮らしをしているので家賃も水道代、電気代、ガス代、携帯代、
インターネット・プロバイダー代、それから食費も自分で全部払わなければなりません。
つまり貯金が底をついているのでカードローンとキャッシングでしのいでいる状態です。

最近では総量規制などの制限があるため、借りれるだけ借りることは出来なくなっています。
でも会社員時代に沢山カードを作っておいたので相当な額になってしまいました。
借金の総額は300万円です。

もちろんここまで減ったのは生活費だけじゃありません。浪費もしています。
エステサロンに通ったり、ハイブランドのヴィトンモノグラムのバック、ボッテガの財布や
エルメスのスカーフなど色々購入しました。もちろんギャル服もです。

その御蔭でもう働いても利息を返すので精一杯で私の収入では一生かかっても
返せそうにありません。そうなってくると頼るべきは弁護士さんです。
債務整理の弁護士さんに相談することによってお金が戻ってくる可能性もあるし、
時には任意整理や自己破産などで借金が減額されたり開放されることもあります。

しっかりした国の法律に基づいて決められた制度なので、
苦しくなってきたら利用しようと思います。
今はまだもう少しやせ我慢してみます。